空の茶碗

画像はイメージです。

おはようございます😊

今日は本で見つけた”空の茶碗”という短いお話です。

ある禅の高僧が、弟子の一人を拙宅(自宅)に招いた。
「教えを得るにはどうすればいいか。」と言う弟子の悩みを話し合ううちに、
「さすればー」
と高僧はお茶を用意した。
そして師は弟子の茶碗にお茶を注ぎはじめた。
しかし、一杯になってもまだ注ぎ続けた。
お茶は茶碗からあふれて、卓へとこぼれ、すぐに床へとこぼれた。
とうとう弟子は言った。
「もう、おやめください。お茶はあふれております。もう茶碗には入りません。」
師は言った。
「よくぞ見てとった。お前についても同じことが言える。私の教えを得ようと思うならば、まず頭の茶碗を空にしなさい。」

というお話。

空の茶碗は「素直な心」、お茶で一杯になった茶碗は「素直でない心」のたとえ。

頭の茶碗の底に穴空いてる場合どうしたらいいか教えて欲しい😭笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Msalonblog

コメント

スポンサーリンク
いいね 投稿が気に入ったらいいね!してね!
読み込み中...
タイトルとURLをコピーしました