フレーズに注意

スポンサーリンク
画像はイメージです。 思考
スポンサーリンク

こんばんは。

出勤する為にバス停に向かってました。今日は雨です。

ふと前を見ると60代後半くらいの初老のお婆さんと10位下かな?ってくらいのちょっと派手な感じのおばさんが喋ってました。

雨なので私も急いでバス停の屋根の下に入りました。

初老のお婆さんは私に「おはようございます。」私も「おはようございます。」もちろん会ったこともない方ですが、同じバス停で居合わせたと言うことで私にもご挨拶くれたのだと思います。

久しぶりに少しいい気持ちになりました。

そのままバスを待っていると初老のお婆さんは派手なおばさんの持っている派手な傘を見て、「素敵な傘ですね。」。。。。

しばらく傘の話をお二人でしていました。

私も別に聞き耳を立てていた訳ではないのであまり内容については気にはしていなかったですが、普通に会話が進んでいたと思います。

しばらくして、ふと内容が気になったと言いますか、気になるフレーズが出てきました。

“認知症“と言うフレーズ。。。派手なおばちゃんが初老のお婆さんに「◯◯が認知症の予防になるらしいですよ〜、認知症は大変ですよね〜、本人より周りの人が。。。」って言い始めて。。。

すると案の定初老のお婆さんは黙ってしまい、会話は派手なおばさんの一方通行。

そうこうするとバスがやってきて、そそくさと派手なおばさんと初老のお婆さんはバスに乗り込みそれぞれ初老のお婆さんは後ろの方の席へ、派手なおばさんは一番前の席に座りました。。。(この選んだ座席の感じも醸し出すものがあります。。。)

初老のお婆さん。。。助けることはできなかったけど、私はあなたが傷ついたことに気づきましたよ。

決してあなたのことを言ってるわけではないと思うのですが、そのように聞こえましたし、もしかしたら悪意があったのかもしれませんね。

お婆さん大丈夫ですよ。みんな同じです。派手なおばさんがもしかしたら先にボケるかもしれませんので。

元気出して長生きしてください。

もしまたバス停で会った時は私から「おはようございます!」って声かけます。

皆さんも対面してお話をする際は、使うフレーズや会話の内容に注意しましょうね。

では!


自己啓発ランキング

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました