衣類にプリントするにも色々

スポンサーリンク
画像はイメージです。 テクノロジー
スポンサーリンク

こんばんは。

先日カッティングマシンの投稿をしましたが、今度はプリンタです。

現在は、普通のA3レーザープリンタが1台ありますが、もちろんこのプリンタでは衣類にプリントすることは無理です。

Tシャツなどの衣類にプリントを施すにしても色々な方法があります。

今日ご紹介するプリンタは昇華転写プリンタです。

大きいのはこんな感じで、もちろん自宅には置けません。

実はこんな小さいのもありまして、これを購入する予定です。(まだ発注してない。。。w)

ところで昇華転写とは?

ポリエステルの生地の衣類やポリエステルコーティングされているもに転写することができます。色はフルカラーで鮮やかな染色が可能です。

工程は?

昇華インク対応のプリンタで転写に印刷をします。

転写紙を対象の衣類や帽子、ポリエステルコーティングされているマグカップなどに熱を加えてプレスします。

熱転写プレス機はこんな感じです。

帽子やマグカップをするにはまた別途プレス機が必要です。

↑マグカップ用

プレスすると、転写紙に印刷されている昇華インクが対象物に入り込んで染色するイメージです。普通のプリントのように表面上を印刷するというよりは染色するというのが近い感じだそうです。

昇華プリントにもメリットとデメリットがあります。

メリットとしては上でも書きましたように色が鮮やか。

あとは、染色する感じですので、いわゆるプリントTシャツなどで貼っている感のあるラバープリントとは違い柄やマークが生地と一体になっている感じが強いです。先日のカッティングマシンを使用して転写シールをカットして熱転写するのがこのパターンです。どっちがいいとかではないです。それぞれ、いい部分もあるし、不得意分野もあるといった感じですね。

デメリットとしては、素材を選んでしまうということでしょうか。綿のTシャツなどには使えないということですね。

素材がポリエステルのみということだと、この昇華プリンタだけではやれることが限られます。。。ということでやはり他のプリンタも必要だな。。。ということになり、この他にもプリンタを調達することとなります。

では!また別の機器は別途ご紹介いたします!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました